不動産の羽鳥郷土開発 HOME


(有)羽鳥郷土開発のホームページを訪れて下さり、誠にありがとうございます。

 

弊社は、1965年に父が始めた羽鳥不動産の後を受け継ごうと、1994年に設立しました。

当時、父は健在で、地元羽生市の発展に尽くそうと現役で仕事に精を出しておりましたので、私は武者修行を気取り、敢えて市外や県外での仕事に比重を置き注力しておりました。

お陰様で、2015年には父の創業から通算で50年目を迎え、本年(2018年)、弊社単独では設立24年目を迎えようとしています。

時折、「羽生 栄」と自署していた先代は既に他界しましたが、旅立つ前日まで地元羽生市の発展に尽くそうとした精神を受け継ぎ、私も地元羽生市をはじめとする地域の発展の為に尽力して参りたい所存です。

 

ところで、年を追う毎に、インターネットやAIの環境が進化しています。それは不動産業界におきましても、あたかも津波の如く大きな変化をもたらすことでしょう。

時代の変化に対応できるように、仕事のやり方も変化させながら、お客様はもちろんのこと、より多くの人々から必要とされ愛される不動産会社の在り方を追求して行きたいと考えています。

 

今後とも、宜しくお願い申し上げます。


BLOG:社長の不動産な毎日

賃料、更に値下げしました!

現状のままでのご契約に限り、賃料を更に9,000円を下げ、60,000円としました。

エアコン設置(4台まで)や室内外のリフォームをご希望の場合には、工事費用50,000円につき賃料を1,000円アップさせていただくことは継続します。

 

目安としましては、エアコンを4台設置される場合、賃料は5,000円アップの65,000円となり、1階和室の畳替え及び襖障子替えと2階洋室2部屋のクロス張替えを行った場合、賃料は4,000円アップの64,000円となります。これら全てを行った場合、賃料は9,000円アップの69,000円円となります。

 

広い戸建貸家にお引っ越しをするのに、今使っているエアコンを何台か持って行きたいけれど、取り付けられないのはもったいない!という方にはうってつけです!

 

ぜひ、一度、物件をご覧ください。

※詳しくはコチラをご覧ください。

賃料、値下げしました。

現状のままでのご契約に限り、賃料を69,000円としました。※更に値下げしました。詳しくは6月3日のブログ、または詳細ページをご覧ください。

エアコン設置(4台まで)や室内外のリフォームをご希望の場合には、工事費用50,000円につき賃料を1,000円アップさせていただきます。

  • 注意事項:設備の補修費用負担について【2018年5月4日改訂】
    • 室内外にある全ての照明器具及び電球、ビルトイン食器洗い乾燥機、浴室暖房・乾燥機、クリナップ床夏シャワーにおきまして、万が一故障・不具合が生じた場合、これらの修理・交換に要する費用は借主負担になります。  但し、引渡し後2週間以内に生じた故障・不具合に関しては、初期不良と見做し、貸主負担での修理・交換といたします。  なお、故障・不具合が生じた後、修理・交換しない場合、対象となる設備に限り、退居時には現状(故障のまま)で引渡しでき、原状回復の義務は免除といたします。
    • トイレ(暖房便座・温水洗浄)、洗面台、ガスコンロについては、初回の修理費用は貸主、2回目以降は借主といたします。  なお、退居時には原状回復をお願いいたします。

※詳しくはコチラをご覧ください。

群馬県太田市熊野町の貸家 ゆったり広々3LDK(98.74㎡) をご紹介します。


太田市には、SUBARU群馬製作所本工場のあるスバル町(スバルちょう)があります。本工場の敷地面積は58万6,000㎡と、東京ドーム12.5個分の広さ。北関東随一の工業都市と云われる所以です。

 

そのスバル町を眼下に眺める位置にある貸家が今回ご紹介の物件です。

 

特長は、●敷地がひな壇で東南向き、しかも公道と隣家の私道(敷地延長部分)に挟まれた角地。●全居室が東南向きでおまけに二面採光。●LDKが15帖とゆったり広々。●洋室とLDKの床が無垢フローリング。●システムキッチンのビルトイン自動食器洗い乾燥機、浴室の暖房・乾燥機にクリナップ床夏シャワー、2ヶ所(1・2階)にトイレと洗面台、トイレは暖房便座・温水洗浄、等設備が充実。など数多くあります。

 

外壁・屋根は平成25年4月に塗装を行ない、浴室は平成24年6月に交換しました。

 

太田市立東小学校も同北中学校も徒歩7分です。

 

ぜひ一度、ご覧ください。

 

※詳細はコチラ(←ここをクリック)をどうぞご覧ください。画像にて外観・室内・2階主寝室からの眺望等をご覧になれます。

群馬県太田市熊野町 貸家 3LDK
群馬県太田市熊野町 貸家 3LDK

「STOP! 原野商法!」二次被害にもご注意を!!

 埼玉県宅建協会のホームページにこんな記事が掲載されていました。

 

不動産無料相談所からのお知らせ 

「STOP! 原野商法!」

あなたはだまされていませんか?

 

 最近、見ず知らずの不動産業者から電話や来訪を受け、「あなたの土地を 700 万円で買い取ります。当社の土地は買い手がいて、少なくとも 1,000 万円で売却できます。差額の300 万円を支払って、交換しませんか」というような勧誘をされたことはありませんか?

 それは、ずっと売れなかった土地をこの機会に処分したいという思いに付け込んだ「原野商法の二次被害」かもしれません。 

 それで思い出したのが、しばらく前に都内にお住まいの方からお聞きした事例と、昨年、茨城県在住の友人から受けた相談です。

 具体的な内容は異なりますが、前者の事例では、とても買手が付きそうも無い荒れ地を高値で売れるからと仲介を持ちかけられ、承諾したところ、高額な広告料や、まだ契約も決済もしていないのにもかかわらず仲介手数料を請求されたというものでした。いずれも既にお支払をしてしまった後でしたので、弁護士の先生に相談されることをオススメした様に思います。

 後者の場合には、前者の事例等をお話ししたところ、話を持ちかけて来た業者にはお断りして、被害は未然に防げた様子でした。

 

 オレオレ詐欺や投資詐欺等、悪事は後を絶たず、あの手この手を使って忍び寄って来ます。最近では、「ご提案書」「売渡承諾書」「買付証明書」等を準備して信用させようとますます手口が巧妙化しています。この「原野商法の二次被害」も、相手の手口をよく知って、被害に遭わないように気をつけたいものです。

 

 より詳しい内容をお知りになりたい方はコチラをご覧ください。 

 🔴『より深刻に!「原野商法の二次被害」トラブル』独立行政法人 国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20180125_1.pdf

 

 「STOP! 原野商法!」あなたはだまされていませんか? の続き(全文)は、コチラをご覧ください。

ダウンロード
「STOP! 原野商法!」あなたはだまされていませんか?
埼玉県宅建協会不動産無料相談所からのお知らせ。原野商法の二次被害への注意喚起、及び宅地建物引士による不動産無料相談所の紹介。
不動産無料相談所からのお知らせ_20180202.pdf
PDFファイル 138.3 KB

 記事中の「宅地建物取引士による不動産無料相談所」の開催場所や日程を記した埼玉県宅建協会HPはコチラです。http://www.takuken.or.jp/pc/soudan/index.html

 

 また、埼玉県県民生活部消費生活課では、「高齢者を守る お助けかわらばん」【原野商法、二次被害にもご注意】を発行し、注意喚起を行っています。

高齢者を守る お助けかわらばん 原野商法 二次被害
0 コメント

羽生市(大字)羽生の売地119坪を紹介します。

「あっ、富士山みたい!」と思わずうなってしまいそうな形の広い土地です。もちろん、空から見なければそうは見えませんが、末広がりの縁起の良い土地と思っていただけることを期待しています。実際に、南に向かって広がっているので、陽当りは申し分ないことでしょう。

 

建築条件はございませんので、ご自由に、お好きなハウスメーカーさんで、お好みの住宅を建てて夢を実現させてください。

0 コメント

今、地域おこしの時!

 東京一極集中の時代が長く続いた結果、数年前にマスコミでも大きく取り上げられ血相を変えた自治体も数多いであろう「地方都市消滅問題」。そして、「空き家問題」。今や、国を挙げて地域おこしに取り組んでいる。その一つが「地域おこし協力隊」だ。

 将来に向けた志の定まった学生や若者はもちろんのこと、まだまだ模索中であっても、こういった取り組みに参加したり、参加できずとも関心を持つことでも何か得るものがあろう。また、まだまだ現役の高齢者の方々は、人生の先輩として、これまで培ったノウハウや経験を活かして活躍できる場はいくらでもあることだろう。

 街があり、人が住んだり働いたりしてこその不動産業。これからも、街づくり、地域おこしに深い関心を持ち、何等かの形で関わっていきたいものだ。

 

※画像をクリックすると『地域おこし協力隊』サイトにジャンプします。

地域おこし協力隊
0 コメント

今年はどんな年に!?

 平成29年元旦、さきたま古墳公園からの初日の出を撮った女房の画像と動画を編集して、一本の動画を作りました。

 今年の干支は丁酉。そこで、いくつかネット上での記事を読んでみて、心に残ったのが次の三点でした。忘れることの無いように、「自戒の念」としてここに記しておきます。

  1. まず気になったのが、火にまつわる災厄、特に大規模な災害が多いと警鐘を鳴らしていることです。今年に限ったことではありませんが、まず、何よりも火の用心を心がけたいものです。
  2. 次に、政治。革命の年とも言われていて、大きな動きが地方から湧き上がり国政に影響を及ぼしたり、中央においては大規模な改革が行われる可能性があるとか。様々な情報に振り回されることの無いように、物事の真実を見極めたいものです。
  3. 最後に、何よりも気になるのが、今年の人々の生き方の選択が後年を決するというものです。そこで、物事を決定する場合には慎重に、熟考したり、相談したり、謙虚に他人の声に耳を傾けたりすること。そして、傲慢になったり、自分の力に過信することは禁物で、謙遜に、他人の力を上手に借りること。不調の時でも嘆かず挫けず希望を失わず、調子の良いときこそ慎重になり、前進し続けたいものです。

 初日の出の動画を繰り返し観ながら、この初心を忘れることなく、今年を充実した一年にしたいものです。

0 コメント

全国トップは山梨県! 空き家問題の深刻度 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

 「超少子高齢化」「超晩婚化&非婚化」「消滅可能性都市」と並び、ここ数年、高い関心を寄せている社会問題の一つ、「空き家」問題。これらは全て密接な関連性を持っているので、どこからどう対策を打ったら良いのか全くもってわからないまま、ただ時間だけが過ぎてしまっているようにしか思えないのだが・・・。

 今日は、プレジデントオンラインに掲載された空き家問題に関する記事を紹介する。

空き家問題 プレジデントオンライン
※記事の続きは画像をクリック。但し、全文を読むには、プレジデントオンラインの会員登録が必要です。
0 コメント